お金を借りる時に必要なもの

MENU

お金を借りる時に必要なもの

お金を借りる時には、どんなものが必要になるのでしょう。必要なものは、もちろんローンによって違います。住宅ローンのように、審査の段階に応じて提出する書類が増えるものもありますね。提出書類の少なさでは、やはりカードローンやキャッシングが一番です。

 

カードローンやキャッシングで必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2種類となっていることがほとんどでしょう。さらに、希望する限度額によっては、収入証明書を提出しなくてもよいのです。消費者金融では、限度額が50万円以下なら、原則として収入証明書は提出しなくてもよい所が多いでしょう。

 

銀行カードローンでは、それぞれ提出するべき限度額が違っています。急いで借りたい時になら、収入証明書を提出する限度額ができるだけ大きなカードローンに申し込みましょう。オリックス銀行カードローンのように、300万円以下の限度額なら収入証明書不要のものもありますよ。

 

書類は、後からゆっくり準備すればいいと考える方も多いですね。しかし、今は審査から借入までの時間がとても短くなっています。仮審査後や、契約時になど、提出のタイミングはカードローンなどによって違っているのです。しかし、収入証明書類はともかく、本人確認書類は必ず提出するべきものと言えます。そのため、カードローンの申し込み時には、書類を準備しておくほうがよいですね。

 

他には、契約時に捺印を求められるカードローンもあります。この場合は、印鑑が必要ということになりますね。郵送契約などなら、あまり気にしなくてもよいですが、店舗に行く場合は忘れずに持参しましょう。