銀行からお金を借りる

MENU

銀行からお金を借りる

お金を借りる方法の中でも、一番難しいと考えられているのは銀行からの借入でしょう。銀行での借入は、金利も低くまとまった利用に適しています。しかし、低金利で借りるということは、申し込みする方に高い信用度が求められるでしょう。

 

銀行が取り扱っているローンは、事業資金や個人向けなら住宅ローンなど大きな金額のものがこれまで主流でした。マイカーローンなどもそうですね。しかし、最近はカードローンのように無担保で利用できるものも増えています。銀行カードローンは、借入目的は限定されていません。最高限度額が大きなものも登場しています。

 

銀行が取り扱うローンでも、借入目的に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。ただし、審査にかかる時間などを考えて、目的の決まったローンをカードローンで代用するという方法もあります。金利なども比較して、ローンを選びましょう。

 

銀行カードローンでは、保証会社の保証を受けないと借りることができません。カードローンでは、担保や保証人は銀行からの借入ですが立てる必要ないのです。その代わりに保証会社の保証が求められます。保証会社は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などが多いでしょう。銀行と同グループに所属している貸金業者などが、個人貸し付けにおける審査ノウハウを提供しているケースが見受けられます。

 

銀行からの借入は、全体的に難しさを伴います。審査に落ちた場合を想定して、消費者金融のカードローンも申し込み先としてピックアップしておくほうがよいでしょう。ただし、同時申し込みは件数をあまり多くしてしまうと、申し込みブラックとなってしまうかもしれません。多くても3社までにとどめておきましょう。