お金を借りる方法

MENU

お金を借りる方法はひとつだけ?

お金を借りる方法はひとつだけでしょうか?たくさんありそうですが、実際に利用しても安心できるものを選びたいですよね。お金を借りる方法を知っておくだけでも、ピンチの時に安心ですよ。

 

まず、友人や家族などに借りる方法です。利息なども払わなくてよいので、気軽に頼みたくなってしまいますが、避けるべきでしょう。少額であっても友人をなくしてしまうことになります。家族なら…と思いますが、返し方など取り決めは必要でしょう。これも避けるに越したことはありません。

 

担保や保証人なしでお金を借りられる、カードローンやキャッシング商品を利用するという方法もあります。金融機関が取り扱っているものですね。利息を支払う必要はありますが、探せばおまとめローン 低金利のものも見つかるでしょう。申し込んでからお金を借りられるようになるまでの期間がとても短いのも、メリットが大きいですね。

 

いわゆるお金を借りる方法とは少し違いますが、質屋を利用する方もいるでしょう。これは、自分の持ち物を質入れすることで現金を手にする方法です。お金を返さないと、その物が戻ってこないという点が問題となります。

 

最近は、クレジットカードの現金化という方法が話題になっています。商品を買って、それを買い取りしてもらって現金を手にするという方法です。しかし、商品が金額に見合っていないケースも多く、クレジットカードを発行している会社は、現金化をしていることがわかれば、解約すると決めています。利用しないほうが賢明でしょう。

 

他にも、市区町村や会社の貸付制度の利用など、お金を借りる方法はいくつか見つかります。お金を借りる目的、必要額、返済計画、などに応じて適切なものを選びましょう。

 

おすすめのお金を借りる方法はコレ!

いくつかあるお金を借りる方法でも、断然おすすめはカードローンです。今は、カード発行なし、振り込みキャッシングで借りられるものも増えていますね。どちらにしても、借入目的を自分で決められるのが特徴です。

 

お金を借りる方法としてカードローンが最適な理由は、他にもあります。カードローンは他のローンと違って、限度額を最初に決めておくものです。限度額の範囲内なら、何度借りてもかまいません。また、一旦限度額いっぱいまで利用しても、返済によって枠ができればまた借りることができますね。

 

このように、カードローンは利用する方の自由度が高いといえるでしょう。お金を借りる、ローンを組むというよりも、少し不足を補うお財布代わりという表現のほうが近いですね。

 

いつでも借りられるという安心感も、カードローンにはあります。借入枠を作っておけば、いつでもキャッシングできるものが多いです。中には、24時間いつでも振り込みキャッシングで借りられるカードローンもありますね。

 

クレジットカードでも、ショッピング枠に加えてキャッシング枠が付帯しているものをお持ちの方も多いでしょう。ただし、金利や利用できる額も気になります。最近では銀行カードローンも、審査時間が短いものが増えているのです。急いで借りたい時にも、金利や限度額を比較して専用カードローンを選ぶほうが、使い勝手はよいでしょう。

 

無利息期間やキャッシュバックのあるカードローン、ポイントシステムがあって利用状況によってポイントを貯められるカードローンなども登場しています。お金を借りるだけでなく、お金の計画を上手に進めるための方法の一つといってよいでしょう。

 

お金は借りないほうがいい?

一般的にいわれていることは、借金はするものではないということです。本当にお金は借りないほうがよいのでしょうか?

 

現金主義として、クレジットカードや分割払いは一切利用しないという生活を送っている方もいるでしょう。しかし、自動車などの大きな買い物では、やはりローンを利用することのほうが多くなります。さらに、住居なら購入するにせよ建てるにせよ、ローンを組まないことのほうが難しいのではないでしょうか。

 

またどんなローンを利用する際にも、ローン履歴やクレジット履歴が審査で重視されることはご存知ですか?現金主義という感覚からすると、これまでにローンやクレジットを利用したことがないほうが、新たなローン審査には通りやすそうです。

 

しかし、ローンを組んでいる方が、実状としては多いという点に注意してみましょう。一定年齢以上になると、ローン履歴が残っていないことは、不自然なものと金融機関が判断することがあります。延滞履歴がなくなる5年を待って、新しくローンに申し込んだのでは?と疑われるというわけですね。また、ローンを利用しても返済遅れなどをしていなければ、再度借りてもまた遅れないだろうと金融機関は考えます。

 

もちろん、借りる必要もないのに無理にキャッシングする必要はありません。また総量規制によって、貸金業者からの借入総額は決まっているので、いくらでも借りておくことはできません。しかし、本当にお金を借りたい時には上手にローンを利用することも考えてみましょう。

 

みんなこんな理由でカードローンを使って借りている

「こんな理由でお金を借りてしまっていいかな?」と気になりますね。みんなどんな理由でカードローンを使っているのでしょうか?

 

・お給料日前のピンチ

欲しいものを買ってしまった、飲み会が重なったなど、計画的にお金を使っているはずなのに足りなくなってしまうことは誰にでもあります。お給料日前の数日を乗り切るために、カードローンのように少額借入できると安心ですよね。利用した日数分だけの利息というのも、使いやすくなっています。

 

・冠婚葬祭

まとまった金額が必要になることが多いです。またなぜか続けて起こることもあり、お金が足りなくなりやすいでしょう。参加しないという選択肢がない時には、なんとかしてお金を準備しないといけません。

 

・目的ローンの代用

目的が決まっている借入のための専用ローンもありますね。しかし、提出書類や審査にかかる時間なども気になります。目的ローンの代用として、カードローンを使うことですばやく借りたいという時にも安心でしょう。

 

・欲しいものをすぐに買いたい

ショッピングローンや分割支払いに対応していないお店などなら、現金を準備する必要があります。限定品などすぐに買いたいものなら、やはり早めにお金を準備したいですよね。貯まるまで待てないという時にも、カードローンは効果的です。

 

もちろん、カードローンは借入目的を申し込み者が自分で決めることができます。色々な借入の希望に対応させやすいというのが、カードローン最大のメリットでしょう。